単語レベル判定機能をもつエディタ:かぶとエディタ

使用期限切れについてのご案内(2016/10/07)

2016年9月末で期限切れになっているバージョンのかぶとエディタをお使いの方は,以下より改めてかぶとエディタをダウンロードしてください. これまで作成された単語リストはそのまま利用できます. このバージョンの使用期限は2050年末までです.

日本語教育の教材や「やさしい日本語」の作成を支援するシステム

チュウ太のレベルチェッカーでは,文章中の単語のレベルを知ることができます.しかし,判定のたびにページが切り替わってしまうため,文章中の難しい単語を易しいものに書き換えるような編集作業には不向きです. また,近年,単語レベルを判定するためのシステムがいくつか公開されていますが,利用者が独自の単語レベルを設定することはできません. そこで,当研究室では,利用者が設定した単語リストに基づいて単語レベルを 判定するエディタ,「かぶとエディタ」を開発しました. 日本語教育用の教材の作成や「やさしい日本語」の作成に便利なシステムです.


editor

かぶとエディタの機能

かぶとエディタは以下のような機能をもっています.




かぶとエディタを使ってできること

かぶとエディタを使えば次のようなことができます.


ダウンロード

以下の条件をご了解いただける場合にのみ,本ソフトウェアを自由にご利用いただけます.

  1. 本ソフトウェアの作者は, 本ソフトウェアの利用によって発生したいかなる問題に関して責任を負いません.

以上


「げんき」シリーズ準拠の単語リスト

かぶとエディタには,ジャパンタイムズ社の教科書「げんき」シリーズに準拠した単語リストを同梱しています. このデータはげんきオンラインのリソースライブラリ中の単語さくいんにもとづいて作成しました.単語リストは以下の7つに分割されていますので,目的に応じてご活用ください.

  1. あいさつG課
  2. 会話・文法編1〜9課
  3. 会話・文法編10〜17課
  4. 会話・文法編18〜23課
  5. 読み書き編1〜9課
  6. 読み書き編10〜17課
  7. 読み書き編18〜23課
公開をお認めいただいたジャパンタイムズ社に感謝します.


「できる日本語」シリーズ準拠の単語リスト

2016年3月以降,かぶとエディタにはジャパンタイムズ社の教科書「げんき」シリーズに準拠した単語リストを同梱しています.公開をお認めいただいたアルク社に感謝します.


かぶとエディタFAQ

Q1: かぶとエディタを起動しようとしたら,何かソフトが足りないと言われました.
A1: かぶとエディタを動作させるためには,Java Runtime Environment (JRE)が必要です.Oracleのページからダウンロードしてインストールしてください.

Q2: JREと言われても何のことだかわかりません.
A2: JREのインストーラーが含まれている,かぶとエディタインストール用のCD-ROMを配布しています.上記連絡先にご連絡ください.

Q3: 単語リストを作成する時間がありません.
A3: かぶとエディタには,ジャパンタイムズ社の「げんき」シリーズ,アルク社の「できる日本語」シリーズに準拠した単語リストを同梱しています.

Q4: 判定ボタンをクリックしても何も起きません.
A4: ほとんどの場合,ネットワークが切れているのが原因です.確認をお願いします.

Q5: 単語リストを作ったのに判定されない単語があります.
A5: 単語リスト中の単語と形態素解析器による単語分割の単位が一致していないのが原因と思われます. 一致していない場合には,申し訳ありませんが,かぶとエディタでは判定できません.形態素表示モードをONにして,形態素の分割単位をご確認ください.

Q6: では,形態素解析器で分割される連語(複合語)はどうしたらいいのですか?
A6: 最新版では単語リストに連語を登録できるようになっています.

Q7: 漢字のレベルも判定してほしいです.
A7: 最新版では単漢字のレベル判定が可能になっています.

Q8: 使い方を教えてほしいです.
A8: 使い方を説明する動画をYouTubeに公開しています(このページにもリンクしてあります).また,下記連絡先にて講習会のご相談を受け付けております.


文献

かぶとエディタについては以下の文献をご覧ください.


謝辞

かぶとエディタの開発は以下の支援により行われました.ご支援に感謝します.


問合せ先

甲南大学知能情報学部 北村達也 (kabutoeditor [ATMARK] gmail.com)



Last updated on Oct. 7 2016.
copyright © 2014-2016 Tatsuya Kitamura / All rights reserved.